「こぎん刺し」とは、

青森県の津軽地方に伝わる伝統的な刺し子のこと。

 

麻布の奇数目を数えて縫っていきます。

 

こぎん刺しの基礎模様は「モドコ」と呼ばれ

これらを組み合わせることによって

美しい幾何学的な文様になります。

 

 

江戸時代から、津軽の女性たちが守ってきた

伝統的な「こぎん刺し」で

生活に色を添えられたらという意味を込め

 

【+.iro】(と、いろ)と名付けました。

 

藤崎町の白鳥、

そして雄大な岩木山。

 

昔の人も見たであろうこの景色が今につながるよう、

伝統と新しさを融合させながら

津軽の良さを伝えていきたいです。